東京2020組織委「世の中のみなさんの共感を得られるように準備」 IOC幹部の「五輪中止ない」発言受け

高谷正哲氏
高谷正哲氏

 東京五輪組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が8日、定例の記者ブリーフィングを行い、五輪の準備状況を監督するIOCのジョン・コーツ調整委員長(70)が新型コロナウイルスが「あろうがなかろうが」五輪は開催されると発言したことに言及。「IOCはこれまでも来年の大会に向けて全力で準備に取り組むとしており、そのコミットメントを改めて示してくれたもの。先週、コロナ対策委員会を立ち上げ、IOCに報告したが、IOCも連携協力したいとのことだった。安心、安全な大会を開催できるように、関係機関と連携し、準備に尽力していく」と、強調した。

 日本では4日から五輪に関する政府主導の新型コロナ対策調整会議を発足。出入国管理や選手への徹底検査など「ウィズコロナ」五輪への議論を始めたばかりだ。報道陣からはコーツ氏の発言をもって「100%開催が決まっていると理解していいか」との念押しもあった。高谷SPは「大会日程はすでに来年に7月23日にスタートすると定められていて、IOC、組織委員会は予定通りの開催に向けて全力を尽くしている。世の中のみなさんの共感を得られるように準備していきたい」と話すにとどめた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請