田中圭が「おっさんずラブ」枠、テレ朝系土曜ナイトドラマで3年連続主演

いつも笑顔の謎の教師役を演じる田中圭
いつも笑顔の謎の教師役を演じる田中圭

 俳優の田中圭(36)が10月31日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「先生を消す方程式。」(土曜・後11時)に主演することが7日、分かった。

 ブレイクした「おっさんずラブ」(18年)、続編の「おっさんずラブ―in the sky―」(19年)に引き続き、今年も田中がテレ朝の「土曜ナイトドラマ」枠に帰ってくる。

 「先生を―」は、人気放送作家の鈴木おさむ氏によるオリジナル作品。都内有数の名門高校「帝千学園」の3年D組の生徒は教師を追い込み追放するゲームを楽しんでいたが、そこに笑顔を絶やさない謎の教師・義澤経男(田中)が担任として赴任してくる。生徒から襲われても満面の笑みを浮かべ、なぜかクラス全員のプライベートの情報を熟知している義澤に、不満を持つ生徒たちが殺害計画を立て、バトルが始まる。

 田中は「生徒による教師いじめもあると聞きますが、今回はそれを通り越して命を狙われる役なので、正直、頭がパニクっています」とコメント。それでも「バチバチやり合わないと成立しないと思うので、僕も『ぶっ飛ばしてやる!』という気持ちで対峙(たいじ)するつもりです」と生徒との真剣勝負を心待ちにした。

 同じ鈴木氏の脚本で、今春SNS上で大反響を呼んだ「M 愛すべき人がいて」など意欲作が続く「土曜ナイトドラマ」枠は、「先生を消す―」からリニューアル。15分早い午後11時にスタートし、放送時間は50分から30分に短縮される。舞台などで鈴木氏と仕事を共にしたことがある田中は「鈴木おさむさんとまたタッグを組めること、そして『土曜ナイトドラマ』枠ということで、どうしたって気合は入ります」と意気込みつつ「土曜の夜の30分間が、ハラハラドキドキをお届けできる特別な時間になるよう、僕自身、頑張ります」と新たな挑戦に決意を見せた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請