【巨人】原監督、7回「勝負イニング」執念の継投…1ボール2ストライクから大江竜聖投入

7回途中から登板した大江竜聖
7回途中から登板した大江竜聖

◆JERAセ・リーグ 阪神2―3巨人(7日・甲子園)

 執念とも言える原監督の小刻み継投だった。7回2死一、三塁。大竹の3球目、ボーアの右翼ポール際への特大ファウルで1ボール2ストライクとなった後、指揮官がベンチを立った。「(想定していた)風景に当てはまった」。4番手・大江へのスイッチを告げた。左腕はボーアには三塁強襲適時打を許したが、続く梅野を空振り三振に斬り、この回を最少失点でしのいだ。

 交代は直前の大ファウルで嫌な感じがしたからではない。事前に宮本投手チーフコーチと「2ストライク、もしくは1ボール2ストライク」になったら大江と相談済みだった。一塁側へクロス気味に踏み出す大江の外角スライダーは、左打者には遠く感じ、目線が変わった直後には難しいだろう。確率を考え、最善と判断した策に妥協はない。

 7回を「勝負イニング」とし、左打者の糸原から始まる場面で、大竹の前に高梨から入ったことも「確率のいい継投をしよう」というもの。3人の投手が1死ずつ奪ったことに「やはり『アウトは一つは取らないといけない』と教育しているから」と満足げだった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請