【陸上】女子100メートルで立命館慶祥高・石堂陽奈が今季自己最速で優勝

実業団、大学勢相手に力強い走りで優勝を飾った石堂(右)
実業団、大学勢相手に力強い走りで優勝を飾った石堂(右)

陸上の「富士北麓ワールドトライアル」が6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われ、タイムレースで行われた女子100メートルは石堂陽奈(北海道・立命館慶祥高3年)が11秒65で優勝した。1本目は11秒85でトップ。2本目もスタートから飛び出し快勝した。11秒56の自己ベストには及ばなかったが、8月23日のセイコーGGP(東京)で出した11秒86を更新しての今季最高。「中間の走りを意識した。ここから調子を上げ、10月の日本選手権では100、200メートルの2冠を目指したい」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請