川崎宗則がBC栃木入団会見「”熟男”のプレーを見せたい」西岡剛も会見に参加

会見後、笑顔で撮影に応じる(左から)川崎、寺内監督、西岡
会見後、笑顔で撮影に応じる(左から)川崎、寺内監督、西岡

 ソフトバンクや米大リーグで活躍した川崎宗則内野手(39)が7日、栃木・小山市内で独立リーグ・ルートインBCリーグ栃木の入団会見を行った。背番号はダイエー、ソフトバンク時代に慣れ親しんだ「52」に決定。第一声で「栃木ゴールデンブレーブスに入団することになりました、川崎宗則です。よろしくお願いします」と笑顔で挨拶した。

 会見には、1日に契約更新した元ロッテ、阪神の西岡剛内野手(36)と並んで登壇。西岡は「2人でできるのは僕にとって心強い。しっかりムネさんのモチベーションも上げたいなと思います」と歓迎した。

 川崎は「本当は台湾に行く予定だったが行けなくなって。日本でトレーニングしていたところ、声をかけてもらいました」と入団経緯を説明。決め手は「西岡選手のプレゼンがよかったというところですね」とムネリン節で笑いを誘った。

 会見に同席した元巨人内野手の寺内崇幸監督(37)は、13日の茨城戦(小山)で2人が揃ってスタメン出場する可能性が高いと明かした。川崎は「”熟男”のプレーを見せたい」と笑顔で意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請