小池祐貴、200メートル今季初戦で「後半は内臓がしんどかった」 20秒76

200メートル今季初戦で力走する小池祐貴
200メートル今季初戦で力走する小池祐貴

◇陸上 富士北麓ワールドトライアル(6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場)

 男子200メートルで、小池祐貴(住友電工)が20秒76(向かい風0・6メートル)をマークした。18年アジア大会金メダリストは、序盤から力強く加速して駆け抜けたが、200メートルは今戦が今季初戦。「1年ぶりのレースで、どうやって走るんだっけ、と思った。後半は内臓がしんどかった」と苦笑いした。

 今後は、全日本実業団対抗選手権(18~20日、熊谷)を経て、日本選手権(10月、新潟)へと向かう。「出力に体が慣れてきた。体を鍛えながら、日本選手権にピークを合わせていければと考えている」と見通した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請