【新刊レビュー】郵便局はあぶない

「郵便局はあぶない」(荻原博子、SB新書、946円)
「郵便局はあぶない」(荻原博子、SB新書、946円)

 ◆「郵便局はあぶない」(荻原博子、SB新書、946円)

 かんぽ生命の不正販売問題により、「郵便局なら信頼できる」という“安全神話”は崩壊した。それ以外にも「全国どこにでもあるから」「利息が高いから」などといった理由から利用してきた人も多いだろうが、それも今は昔の話でもある。大切な自分の資産を守るためには、何に気をつけなければいけないかをアドバイス。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請