“日本プロレス界の父”力道山の妻が秘蔵写真を公開、寝室の一枚に隠された思いとは…

力道山の妻・田中敬子さんが公開した寝室に飾っていた写真
力道山の妻・田中敬子さんが公開した寝室に飾っていた写真

 日本プロレス界の父、力道山の妻・田中敬子さん(79)がこのほど、亡き夫の秘蔵写真をスポーツ報知に公開した。

 

 日本航空のキャビンアテンダントだった田中さんは、1963年6月に当時、人気絶頂だった力道山と結婚した。夫は、結婚から半年後の12月15日に39歳の若さで急逝した。突然の悲劇にも一人娘を育て上げ、現在にいたっているが、こうした力道山との運命の出会い、夫婦生活など自身の半生を8月24日に河出書房新社から発売されるプロレスラーの妻たちにスポットライトを当てたノンフィクション「妻たちのプロレス~男と女の場外バトル~」(ターザン山本、福留崇広著。税込み1760円)で赤裸々に明かしている。

 田中さんには、大切にしている一冊のアルバムがある。ベースボールマガジン社から寄贈されたというアルバムは、革で作られ、表紙には力道山が獲得した「インターナショナルヘビー級王座」のベルトがデザインされている。

 リング上の雄姿から道場での練習、さらには田中さんとのプライベートショット、結婚式など貴重な写真で彩られている。また、アルバムには、欧州から米国へ渡った「世界一周」の新婚旅行で使った飛行機のチケットがすべて貼られている。

 その中で田中さんが1枚の写真に目を細めた。力道山は赤坂のリキアパートメント8階に居を構えた自宅の寝室に自らの写真を飾っていたという。「妻たちのプロレス~男と女の場外バトル~」でもその秘話は描かれているが今回、田中さんはその写真を公開してくれた。

 ジャケットに身を包み、笑顔で空を見上げるこの写真を力道山は最も気に入っていた。撮影された場所は北海道で、笑顔はポプラの木を見上げる時に自然に出た表情だった。結婚したとき田中さんに「いい写真だろ。俺は自分の笑顔が一番好きなんだ。この写真が一番いい」と笑顔で語ったという。

 田中さんは、初めてこの写真を見た時に「自分の写真を寝室に飾るなんてナルシストかしらって思いましたけど、本当に主人の笑顔はすてきでした。よく“俺の笑顔は千両だ”なんて言ってましたけど、この写真を見ると今でも、笑いながらそう話してくれた主人の笑い声を思い出します」と涙ぐんだ。

 空を見上げる力道山。今、この写真を見ると理屈抜きの圧倒的な輝きとスター性、オーラを感じざるを得ない。他のプロレスラーにはなかったこの輝きが戦後の日本を照らしていたのだろうと実感する。

 田中さんが結婚したとき、力道山は3年後にプロレスラーを引退し本格的な実業家になる夢を明かしていたという。希望に満ちあふれた笑顔の写真を寝室で見ていた力道山は、新たな未来への活力を注入していたのだろうか、と想像する。ただ、夢はかなうことなく39歳で急逝した。寝室の写真は夢と現実が交錯する一枚とも言える。(記者コラム・福留 崇広)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請