【中日】木下雄介プロ初S!延長10回武田健吾の打球を中堅が落とし勝ち越し 

プロ初セーブを挙げた木下雄介
プロ初セーブを挙げた木下雄介

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1―3中日=延長10回=(5日・神宮)

 4時間超えの死闘を制した。1―1の延長10回2死一、三塁で武田の右中間への打球を中堅・山崎がまさかの落球。走者2人が生還し2点を勝ち越した。10回には6番手としてマウンドに上がった木下雄が1回無失点と好投し、プロ4年目で初セーブを挙げた。

 先発・松葉が毎回走者を背負いながらも、6回途中を無失点と力投し3勝目を挙げた。「毎回走者を出してしまい、自分の本来のピッチングではなかったですが、何とか粘り強く投げることができた」。松葉にとって移籍前のオリックス時代も含め、3度目の登板で神宮初勝利を手にした。

 打っては主砲のビシエドが好機を逃さなかった。4回無死三塁から、吉田大喜の直球を捉え決勝の適時打を左前へ放った。2日の広島戦(ナゴヤD)以来3試合ぶりの適時打に「低めのボールだったけど、いいスイングで打つことができたよ」と喜んだ。

 1点リードの8回にゲリラ豪雨が神宮を襲い11分間の中断。その後、登板した“勝利の方程式”の一角である4番手・福が西浦に同点打を浴びた。しかし守護神のR・マルティネス、木下雄と計6投手が踏ん張り、ヤクルトに3カード連続で勝ち越し。3連勝を決めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請