「おぎやはぎ」矢作兼、コロナ陽性だった…発症日から10日以上経過 就業制限解除対象

「おぎやはぎ」矢作兼
「おぎやはぎ」矢作兼

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が新型コロナウイルスに感染していたことが4日、分かった。所属のプロダクション人力舎が発表した。3日にPCR検査で陽性が判明したが、保健所が認定した発症日(8月23日)から10日以上経過していることなどから、自宅待機など就業制限はないという。また、初期の腎細胞がんの手術から復帰した相方の小木博明(49)は4日にPCR検査を受けたが、陰性だった。

 矢作は8月23日に体調不良を訴えた。24日と27日に都内の病院で抗原検査を受けたが、ともに陰性で夏風邪との診断を受けた。念のため自費でPCR検査を9月3日に受けたところ、即日陽性となった。人力舎は「既に発症日から10日間かつ症状が良くなってから72時間の基準を満たしているため、保健所から就業制限の解除の対象になると説明を受けました」とコメントしている。

 矢作は3日深夜放送のTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」に電話出演。「陽性だけど俺もう治っているの」、「(PCR検査の)感度が高いから、死骸のコロナウイルスをキャッチすることがある、感染能力がないと説明された」などとコメントした。人力舎によれば、2日にコンビでフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演したが、同番組の出演者、スタッフに濃厚接触者はいないという。矢作の今後の仕事については「分かりません」としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請