宝塚雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和

雪組の次期トップスターに決まった彩風咲奈
雪組の次期トップスターに決まった彩風咲奈

 宝塚歌劇団は4日、雪組の次期トップスターに彩風咲奈(あやかぜ・さきな)、次期トップ娘役に朝月希和(あさづき・きわ)が決定したと発表した。朝月は現在、花組に在籍しており、11月16日付で雪組に組替えされる。

 また、現トップコンビの望海風斗(のぞみ・ふうと)、真彩希帆(まあや・きほ)の退団日が来年4月11日(雪組東京宝塚劇場公演千秋楽)付と決まり、彩風&朝月の新トップコンビは翌12日付で始動となる。

 彩風は2007年に第93期の首席で入団。雪組一筋で、新人公演主演が劇団最多タイの5回を数えるなど早くから期待を集めていた。長身173センチの抜群のスタイルと俊敏なダンスが持ち味で、今月6日まで大阪・梅田芸術劇場公演で主演を務めている。

 パートナーに選ばれた朝月は2010年入団の第96期生。花組に配属され、17年8月に雪組に組替えされ、19年11月に古巣・花組へ戻ったが、再び雪組に移ることに。トップ娘役就任時は入団12年目で、近年では前花組トップ娘役の仙名彩世(せんな・あやせ)の9年目を超す“遅咲き”となる。温和なベビーフェースながら引き締まった芝居心のある実力派娘役が、彩風をサポートする。

 また、宙組の入団4年目の娘役・夢白あやが9月16日付で雪組へ組替えすることも合わせて発表された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請