セクゾ菊池風磨、万城目学氏原作連ドラに主演「成長したところをお見せしたい」

「シンドラ」枠で初となる2度目の主演で新米管理人役を演じる菊池風磨
「シンドラ」枠で初となる2度目の主演で新米管理人役を演じる菊池風磨

 Sexy Zoneの菊池風磨(25)が、日本テレビの連続ドラマ「バベル九朔(きゅうさく)」(10月19日スタート、月曜・深夜0時59分)に主演することが3日、分かった。同局「シンドラ」枠の第13弾で、菊池は第2弾「吾輩の部屋である」(17年9~11月)に続き、2度目の主演となる。

 日常と非日常が交錯する独特な筆致で人気の万城目学氏の自伝的小説が原作。脚本家志望で5階建ての築88年の雑居ビルの新米管理人が主人公だ。

 菊池は前作、登場人物1人という「吾輩―」で自室で過ごす大学院生を演じたが、今作では全編を通してビルの中で過ごすという役どころ。「デジャブ感もありますが、ただ、前回はひとり。今回は(今後発表の)演技派の共演者の方々との掛け合いも見どころ。一から勉強させていただきながら、成長したところをお見せしたい」と意気込んだ。

 グループは来年デビュー10周年で、新レーベル「Top J Records」に移籍するなど心機一転。一方でコロナ禍において、先月21日から予定していたセクゾのツアーは全公演が中止となり、配信公演に切り替わることが決まった。活動が制限される中でも「その分、撮影期間中はずっとこの作品に向き合って『バベル』の世界に没頭することができると思うと、こうしてのめり込めるのも、この期間だけかもしれないので、プラスに捉えて、楽しみにしています」と前を向いた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請