【ヤクルト】マクガフ 走者二、三塁で無人の一塁けん制しちゃった…昭和の宇野、平成のレイサムに続く令和の珍プレー

スポーツ報知
7回2死二、三塁、マクガフが無人の一塁にけん制球を投げ2失点。痛恨のミスにマウンドでうなだれた(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ 阪神4―3ヤクルト(3日・甲子園)

 白球は無人の一塁とはほど遠い、右翼ファウルゾーンを転々とした。甲子園は何が起きたか分からず、騒然となった。その間に2者が生還し、阪神が逆転した。采配2年目で通算100勝を達成した矢野監督は「最終的にはラッキーかもしれないけど、陽川の盗塁が結果的に効いた」と振り返った。

 1点を追う7回2死一、三塁、打席には近本。2球目に無警戒のヤクルトバッテリーから一塁走者・陽川が二盗に成功した。球場内には「ナイススチール」のアナウンスが流れ、2死二、三塁にチャンス拡大。3球目はストライクで2ボール1ストライク。球史に残る珍プレーが起きたのはこの直後だった。

 マクガフは陽川の盗塁を忘れていたのか、空っぽの一塁に“けん制球”。リリースの瞬間には全てを悟って「しまった」とばかりに表情をこわばらせた。何とか二塁寄りの定位置に就いていた一塁手・坂口が捕れるように試みたが、引っかかったボールは外野へコロコロ…。あんぐりと口を開き、両手を膝についた助っ人右腕を横目に、二塁走者の陽川までホームにかえった。

 記録上、三塁走者の生還はボーク、二塁走者の生還はマクガフの悪送球となった(詳細別掲)。チームは“世紀のボーンヘッド”の恩恵を受け、4カード連続の勝ち越し。7・5ゲーム差で首位を走る巨人のセ界貯金独り占めを阻止し、4日からは甲子園で直接対決に臨む。「向こうもいい形で乗り込んでくる。全員でぶつかっていきたい」と指揮官。4連敗なら自力優勝の可能性は消滅するが、強運を味方に逆転Vへの望みをつなぐ。(中村 晃大)

 ◆野球規則6・02投手の反則行為(a)ボーク(4)投手板に触れている投手が、走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合。(中略)【規則説明1】投手がボークをして、しかも塁または本塁に悪送球(投球を含む)した場合、塁上の走者はボークによって与えられる塁よりさらに余分の塁へアウトを賭して進塁してもよい。

 ◆昭和の代表的珍プレー

 ▽中日・宇野のヘディング(1981年=昭和56年) 8月26日、巨人戦(後楽園)で中日・宇野勝が平凡な遊飛を捕れずまさかのヘディング。投手・星野仙一は怒りのあまりグラブをたたきつけた。

 ◆平成の代表的珍プレー

 ▽巨人・レイサムのスタンド送球(2003年=平成15年) 5月21日のヤクルト戦(福岡D)の1点リードの6回1死一、二塁。左翼手のレイサムが飛球を捕球後、3アウトと勘違いし、ボールをスタンドに投げ込んでしまい同点に…。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請