【広島】K・ジョンソン開幕7連敗 2軍降格について佐々岡監督「あした以降考える」

開幕7連敗を喫した広島のK・ジョンソン(右。左は安部)
開幕7連敗を喫した広島のK・ジョンソン(右。左は安部)

◆JERAセ・リーグ 中日6―0広島(3日・ナゴヤD)

 広島のK・ジョンソン投手(35)が、4回5失点で開幕7連敗を喫した。

 初回1死。平田に四球を許すと、続く福田に、甘く入ったスライダーを捉えられ、いきなり2ランを被弾した。

 さらに3回には先頭・福谷、大島に連打を浴び、平田に四球を与え、無死満塁のピンチを招くと、再び福田に適時打を浴び3点目を許した。悪い流れを断ち切れず、4回4安打5失点でKOされた。

 防御率は6・10まで跳ね上がり、外国人投手の開幕最多連敗記録である69年バッキー(近鉄)、16年サファテ(ソフトバンク)の7連敗に並び、セ・リーグ外国人投手の開幕最多連敗記録を更新。助っ人左腕はノーコメントで球場を去り、佐々岡監督は2軍降格について「終わったばかりなので、あした以降考える」と話すにとどめた。

 チームも木曜日は1勝7敗2分けと勝ち星が遠く、早ければ4日にも自力優勝が消滅する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請