【巨人】松原聖弥、岡本和真、坂本勇人で2年ぶりの1イニング3発! 2回で今季最多の13得点

2回2死二塁、坂本勇人が2ラン本塁打を放つ
2回2死二塁、坂本勇人が2ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―DeNA(3日・東京D)

 巨人打線が2回に打者14人の猛攻で10点を奪った。

 まずは2点リードの2回1死一、二塁から、松原聖弥外野手(25)がプロ初本塁打となる右越え3ランを放った。

 さらに1死一塁では、岡本和真内野手(24)が13試合ぶりとなる19号2ラン。ここから下位打線がつなぎ、2死二塁から坂本勇人内野手(31)は左中間スタンドへ11号2ランをたたき込んだ。

 1イニング3発は、18年9月8日の阪神戦(甲子園)の坂本、岡本、ゲレーロ以来。1イニング10得点は、昨年8月29日の広島戦(東京D)以来だ。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請