【広島】ピレラ&菊池涼介、初回先頭から2者連続アーチで2点先制

1回無死、ホセ・ピレラが右越えに先頭打者本塁打を放つ
1回無死、ホセ・ピレラが右越えに先頭打者本塁打を放つ

 ◆JERAセ・リーグ 中日―広島(2日・ナゴヤドーム)

 広島がホセ・ピレラ外野手(30)と菊池涼介内野手(30)の連続アーチで2点をもぎ取った。

 初回、先頭のピレラが1ボール1ストライクから小笠原の直球を捉え、右翼スタンドまで運んだ。8月21日の巨人戦(マツダ)以来10試合ぶりの先制8号ソロは、7月11日の中日戦(ナゴヤD)以来となる来日2本目の初回先頭打者弾。「塁に出ようという気持ちでいきました。しっかりと強いスイングができました」とコメントした。

 さらに続く2番・菊池涼も高めに浮いた直球を左翼ポール際まで運んだ。8月30日の阪神戦(マツダ)以来、2試合ぶりの7号ソロに「JP(ピレラ)がいい流れを作ってくれたので、入ったのはたまたまですけど結果的によかったです」とうなずいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請