【DeNA】オースティンが2軍で実戦復帰 ラミレス監督「プロセスを踏んで1日でも早く」

オースティン
オースティン

 脳しんとう、むちうちの症状で2軍調整中のDeNA・タイラー・オースティン内野手(28)が2日、イースタンリーグ・ロッテ戦(浦和)で「3番DH」で実戦復帰した。7月31日の阪神戦(甲子園)以来の実戦は3打数無安打だった。

 巨人戦(東京D)前に取材に応じたラミレス監督は1軍復帰時期について「きょうは3打席。けがが、けがなのでちゃんとしたプロセスを踏んでから。1日でも早く帰ってきてもらえればと思うし、楽しみにしている」と説明した。

 今後は患部の状態を確認しながら、守備につき打席数を増やしていくことになる。2軍戦は3日のロッテ戦(浦和)、その後は4日間空いて、8日からヤクルト2連戦(横須賀)が予定されている。この3試合に問題なく出場できれば、最速で来週末に1軍復帰できる可能性が出てきた。

 ここまで22試合で打率3割2分、4本塁打、15打点。しかし、7月には右手人さし指の腫れで抹消。現在、外野守備中にフェンスに激突し「脳しんとう」「むちうち」で2軍調整中の助っ人の復帰が待たれる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請