立川志らくがユーミン批判の白井聡氏に「自分が正義だと思っているから、罪悪感すらおそらくない。一番たちが悪い」

立川志らく
立川志らく

 TBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)は2日、シンガー・ソングライターの松任谷由実(66)のラジオ番組での発言を巡り、政治学者で京都精華大学講師・白井聡氏が自身のSNSで批判。その内容について、ネット上では、非難が殺到し、元大阪府知事の橋下徹氏も強く非難していることを取り上げた。

 安倍晋三首相の辞任表明に対し、ユーミンがラジオで「テレビでちょうど見ていて泣いちゃった。切なくて」などと発言したことについて、白井氏は自身のSNSで「荒井由実のまま夭折(年が若くして死ぬこと)すべきだったね。本当に、醜態をさらすより早く死んだ方がいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」と批判した。

 ネット上では白井氏のこの発言に非難が殺到。橋下氏も「こんな発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ。白井氏は安倍政権をボロカスに言っているが、安倍さんもさすがに白井氏のようなことは言わない」と投稿した。

 これを受け、白井氏は「(投稿は)削除しました。私はユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーチストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そうしたわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」とSNSに投稿。しかし、橋下氏は「白井氏は松任谷さんに知性がないとの言い振り。ほんとこのタイプは自分に知性がないとは全く思っていないんだな」と批判した。

 落語家・立川志らく(57)は「自分が正義だと思っているから、罪悪感すらおそらくない。一番タチが悪い。それがまだ若い子がね、世の中のことを知らずにポロッと言っちゃうというなら…。これだけの地位があって影響力もあるその方がなんでそんなことをするんだというね。本当にみっともない」とばっさり。

 さらに「ユーミンの音楽のことは全く分かってないですね。本当に好きだったら政治思想なんか関係ないもの。自分と真逆にいようが何だろうが、その音楽に惚(ほ)れてたら、ずっと好きなはずですよ。ちょっと自分の政治思想と違うことを言っただけで、死んだ方がいいなんてのは、全くこの人はユーミンの音楽を理解していないと思いますね」と怒りをにじませた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請