16歳のガウフは初戦敗退 「がっかりしている」

試合後に相手とあいさつを交わすガウフ(ロイター)
試合後に相手とあいさつを交わすガウフ(ロイター)

◆テニス 全米オープン第1日(31日・ニューヨーク) ▽女子シングルス1回戦アナスタシア・セバストワ(ラトビア)6―3、5―7、6―4コリ・ガウフ(米国)

 世界ランク51位コリ・ガウフ(16)=米国=は、同45位で第31シードのアナスタシア・セバストワ(30)=ラトビア=にフルセットで敗れた。昨年は3回戦で敗退し、大坂なおみ(22)=日清食品=に促されてコート上で一緒にインタビューを受ける感動を呼んだ。しかし今年はダブルフォルト13と安定しなかった。「がっかりしている。もっとうまくプレーできたはず」と悔やんだ。

 ツアー中断期間は人種差別問題に抗議するスピーチを行うなど、積極的に活動した。「私たちの世代は、自分たちが声を上げることを恐れていない」といい、「今年の夏はコート内外で、多くのことに打ち勝てるんだと学んだ」と心身ともに成長している。次の大舞台は初挑戦の全仏オープン(27日開幕・パリ)になる。「すぐに練習に戻って、全仏に向けて準備する。(21年の)五輪に出たい」。16歳の向上心は尽きない。

 WOWOWでは全米オープンテニスを連日独占生中継!錦織、大坂の過去試合も無料配信中。9月以降も全仏オープンなど毎月テニスが楽しめる!詳しくはこちら

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請