【オリックス】田嶋大樹が2日のソフトバンク戦先発「先制されない」

2日の先発に向けてキャッチボールをこなすオリックス・田嶋
2日の先発に向けてキャッチボールをこなすオリックス・田嶋

 2日のソフトバンク戦に先発するオリックス・田嶋大樹投手(24)が1日、8試合ぶりの勝利に向けて鷹斬りを意気込んだ。

 8月26日のソフトバンク戦では6回2/3、5安打3失点で降板。高谷と松田から2発を浴び「僕的には悪くはなかったけど、高谷さんへのボールは高めに浮いて打たれて。実力不足ですね。そこは、しっかり修正したいです」と振り返った。

 ソフトバンク戦はチームとして2勝13敗の借金11。田嶋個人も3戦2敗を喫している。それでも左腕は「チームがどうこうより、僕がしっかり投げきるところに投げきって、やるべきことをやるだけなので、やりにくさや、やりやすさとかはないです」と最下位からの脱出に気合が入る。

 開幕からの先発10試合はすべて5回以上を投げており、3失点以内に抑える好投。防御率は3・02。しかし7試合連続で白星を逃している。「次の試合も最少失点というのにはこだわっていきたいとは思っています。いかに先制されないか。僕ができるだけ粘って粘って、こっちが先制するのを待って、僕がいかに追いつかれないかというところに重点を置いてやっていきたいです」と鷹切りを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請