都内ボクシングジムで8人コロナ感染 クラスターか プロ選手5人含めPCR検査で陽性

 日本ボクシングコミッション(JBC)は1日、都内の日本プロボクシング協会加盟ジムで関係者8人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを明らかにした。クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。

 JBCによると、陽性判定を受けたのは所属するプロの20~30歳代男性選手5人と男性トレーナー3人の計8人。選手は現在、いずれも無症状だが、うち20代選手1人がホテルで待機中。また、70代と30代トレーナーの2人が入院中。同ジムは現在閉鎖中で、保健所の指示待ちとなっている。

 なお、JBCは人権への配慮などから個人やジム名の公開は原則として行わない一方、感染拡大防止については保健所、自治体と情報の提供などを通じ、可能な範囲で協力していくという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請