大坂1回戦で土居を下す 無観客は「気を取られなくてよかった」

試合後、ネット越しに土居とあいさつを交わす大坂なおみ(右、ロイター)
試合後、ネット越しに土居とあいさつを交わす大坂なおみ(右、ロイター)

◆テニス 全米オープン第1日(31日・ニューヨーク) ▽女子シングルス1回戦大坂なおみ(日清食品)6―2、5―7、6―2土居美咲(ミキハウス)

 全米では26年ぶりの日本人対決は、第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=が2時間3分の熱戦を制した。

 大坂は前哨戦のウエスタン・アンド・サザン・オープンで痛めた左太ももの影響を感じさせない動きで、序盤から安定したストロークをみせた。2回戦はカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。会見での主な一問一答は以下の通り

 ―3月に自宅で警官に銃撃されて亡くなった、ブレオナ・テイラーさんの名前が入ったマスクを着用して入った。それを選んだ理由は

 「この問題(人種差別)が広がる前にあった事件で、あまり注目されていなかったから。テニスは全世界で見られていて、彼女の話を知らない人もいる。多くの人に知ってもらって、もっと興味、関心を持ってもらいたい」

 ―無観客の影響

 「気を取られなかったことはよかった。(観客がいると)時々、かっこいい服を着ている人が目に入ったり、何かしているのが見えて気を取られることがあったので。難しかったのは、観客からパワーをもらうタイプなので少し孤独感があった」

 ―左太もも裏の状態は

 「よくなっているとは感じている。まだ少し痛みはあるけど、試合に勝ったのだから文句は言えない。昨日(30日)はあまり動かず、ボールを少しだけ打った。試合中にちょっとずつ悪くなっているように感じた。回復する時間はある」

 ―2回戦について

 「ビッグヒッターと試合をするのは好き。ファンがいない雰囲気は少し変だけど、楽しい試合になると思う」

 WOWOWでは全米オープンテニスを連日独占生中継!錦織、大坂の過去試合も無料配信中。9月以降も全仏オープンなど毎月テニスが楽しめる!詳しくはこちら

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請