【阪神】藤川球児、昨年にも引退を申し出ていた 谷本球団本部長が会見で明かす

スポーツ報知
藤川球児

 阪神は31日、藤川球児投手(40)の今季限りでの現役引退を発表した。谷本修球団本部長(55)がオンラインで取材に応じ「本人から聞いた話ですが、『1年間を通じてコンディションを保つのが難しくなっていて、体が悲鳴を上げている』。もう一つは『チームに迷惑かけている。現状でも迷惑かけている。来季は今季以上に苦しくなると考えられる』。以上の2点でした」と本人に代わって理由を明かした。

 谷本球団本部長によると、藤川は昨年の春先にも球団に2019年シーズン限りでの現役引退の意思を告げていたという。ただ球団は態度を保留。その後、藤川が守護神として復活し、球宴前には2020年シーズンの現役続行のオファーを送っていた。

 「球児君から返事はなかったが、シーズン終了後に話し合いの場を持ちまして『2020年シーズンも頑張ります』と承諾してもらった」と経緯を説明した。

 今季限りでの引退が明かされたが、藤川は9月中の復帰を目指して、右肩、肘のリハビリに懸命に励むという。谷本球団本部長は「球団からは名球会入りの条件である5セーブの達成はもちろん、矢野監督もずっと予祝の中で『日本一のマウンドには藤川球児が立って』と言ってくれている。我々は日本シリーズを目指して頑張っていますので、そこまで戦い続ける意思を示してくれた」と完全燃焼を願っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請