橋下徹氏、安倍首相の退任表明で新型コロナ報道が減少し「メディアが報じ過ぎた影響もあるのかな」

スポーツ報知
橋下徹氏

 31日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)では、安倍晋三首相が退陣を表明したことについて特集した。

 新型コロナウイルスの対応について、元大阪府知事の橋下徹氏(51)は「確かに亡くなられた方がいらっしゃるので、軽く言うわけにはいわかない」と前置きした上で「この数日間は、僕も周辺も気持ちが落ちついているなと感じているんです。なぜかというと、安倍さんの問題でメディアがコロナの話をあまりしなくなっているんです」とした。

 ワイドショーなどの報道で「感染者数がジャジャーンって出て、大変だ大変だ、どうなるって。毎日、『グッとラック!』から『モーニングショー』まで朝・昼・夕とやって。そうなると国民の感情って不安になりますよね」と不安があおられると指摘し、「それが数日間ないと、みんな落ち着いて対応しているのかなと。メディアが報じ過ぎた影響もあるのかなって」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請