橋下徹氏、安倍政権の賛否に「僕は賛成派です」「賛否が激しくあるだけでも評価に値する」

橋下徹氏
橋下徹氏

 31日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)では、安倍晋三首相が退陣を表明したことについて特集した。

 7年8か月の長期政権となった安倍首相について、元大阪府知事の橋下徹氏(51)は「安倍さんについては賛否両論あると思います」とした上で「僕は賛成派です」と自身の立場を明かした。

 そして「もちろん反対派もあってもいい」とし「TBSなんかは徹底して反対派なんじゃないですか、『news23』とか『サンデーモーニング』とか。テレ朝の『モーニングショー』とか『報道ステーション』とかは反対で。でもフジテレビとかは賛成派、読売新聞も産経新聞も賛成派。賛否があるということは安倍さん、やったということなんですよ」と続けた。

 その上で「政治家にとって、一番楽なのは何もやらないこと。やると必ず批判がでるんですよ。これだけ賛否が激しくあるということは、やったんだと。この分だけでも評価に値すると思う」と語った。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請