和田真久留が2度目のG3制覇…G3小田原記念

和田真久留
和田真久留

 小田原競輪のG3「開設71周年記念 北条早雲杯争奪戦」決勝戦が、最終日の30日、第9Rで争われた。

 3車で結束した地元勢の3番手・和田真久留(29)=神奈川・99期=が直線で差し脚を伸ばし勝利。17年11月の防府以来となる2度目のG3制覇を達成した。次回出走予定は9月29日からのF1取手。2着は松井宏佑、3着は松浦悠士。

 なお、大会3連覇の期待がかかった郡司浩平は、3位で入線するも、押し上げにより失格となった。

 和田真久留「神奈川の3番手の役目を果たすことに集中して走った。郡司君の失格は誤算だったが、無我夢中で踏んだだけ。この4日間、今後の競輪人生の勉強になるような開催だった。地元の開催を優勝で締めくくることができてうれしい」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請