新型コロナ感染の爆笑問題・田中裕二、「サンジャポ」にメッセージ「現在は微熱とちょっと頭痛はしますが、おおむね元気」

スポーツ報知
田中裕二

 TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)が30日に生放送され、新型コロナウイルスに感染した司会の「爆笑問題」田中裕二(55)と、アシスタントの山本里菜アナウンサー(26)は番組を欠席。代役は「ずん」の飯尾和樹(51)、良原安美アナウンサー(24)が務めた。

 番組に田中からのメッセージが寄せられ、良原アナが代読した。

 田中は「今日は新型コロナ陽性のためサンジャポの出演が出来なくなり、出演者、スタッフの皆さんにはご心配とご迷惑をおかけしています」と謝罪。

 自身の状態については「最初はのどの痛みとせき、それが今は治まり現在は微熱とちょっと頭痛はしますが、おおむね元気です」とした。

 そして「ただお医者さんいわく、発症から1週間から10日ぐらいたって悪化するケースもあるということなので、引き続き油断せず経過をみたいと思います」と続けた。

 相方の太田にも「代わりに別番組の司会をやってもらったりと助けてもらっています」と感謝の言葉を述べる一方で、「とてもありがたいと思うのですが、だいたいそういう時は番組がめちゃくちゃになり非難されることが多いので心配です」とした。

 最後は「今日は病室でサンジャポを見ますが、太田とデーブさんがどんな感じかを気にして見ようと思います。それではまたサンジャポで。皆さんもお気をつけください」と呼びかけていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請