近大・佐藤輝明、3安打2打点1盗塁…巨人ドラ1候補「指名してもらいたい」

3回2死一塁、左中間に適時二塁打を放つ近大・佐藤
3回2死一塁、左中間に適時二塁打を放つ近大・佐藤

◆練習試合 近大11―3甲南大(29日、奈良・近大グラウンド)

 巨人の今秋ドラフト1位候補に浮上した近大・佐藤輝明三塁手(4年)が29日、奈良・生駒市内の近大グラウンドで甲南大との練習試合に出場。3打数3安打2打点、2得点1盗塁をマークして存在感を示した。1回無死一、二塁から右前に先制適時打を放つと、2回は右前打で出塁し、二盗に成功。3回2死一塁からは左中間を破る適時二塁打を放って11―3の勝利に貢献した。

 試合前、巨人の1位指名候補に挙がっていることを聞かされたという佐藤は「うれしい。やれることを集中してやって、指名してもらいたい」と控えめに喜び、すぐに表情を引き締めた。本来は三塁手だが、巨人が外野手として起用したい構想を持っていることについて、守備位置にこだわりはないとしながら「(外野でも)肩には自信があるが、最終的には内野をやりたい」と話した。

 田中秀昌監督(63)は「ありがたい記事を書いてもらえた。それにそぐう結果を残していってほしい」と上宮時代の教え子である巨人・元木大介ヘッドコーチ(48)に続くプロ入りを熱望した。「状態は悪くない。リーグで爆発できるように調整していきたい」と佐藤。9月5日に開幕する秋季リーグ戦に向けて調子を上げていく。(森脇 瑠香)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請