馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【小倉9R・ひまわり賞】ヨカヨカ、史上初2歳牝馬で57キロ背負ってV!デビュー3連勝で来春の桜花賞も当確

ヨカヨカ(左)は2着テイエムサツマドン(右)に3馬身半差をつけて楽勝
ヨカヨカ(左)は2着テイエムサツマドン(右)に3馬身半差をつけて楽勝

 持ったままで後続をどんどん引き離した。29日の小倉9R・ひまわり賞(オープン、九州産限定、芝1200メートル)は、1番人気のヨカヨカ(父スクワートルスクワート)が逃げ切りV。2着に3馬身半差をつけ、九州の同世代に力の違いを見せつけた。一般馬との新馬戦、フェニックス賞に続くデビュー3連勝。福永は「楽に行けたので逃げて、道中はリラックスして馬場のいいところを走る余裕がありました」と圧勝劇に手応え十分だ。

 2歳牝馬には酷な57キロをものともしない。「負担にしないようにしました」と気にかけた鞍上の心配をよそに、スピードの違いで押し切った。2歳馬が57キロを背負って勝つのは、のちに皐月賞、日本ダービーを制したメイショウサムソン(05年スポーツ報知杯中京2歳S)以来、4例目。牝馬では記録を確認できる1955年以降、史上初の快挙だ。

 来春の桜花賞にも当確ランプをともした。収得賞金は1500万円となり例年では安全圏。今後は放牧に出され、さらなる成長を促される。谷調教師は「欲を言えばもうひと成長してほしい。桜花賞に出してあげたいね。次走は秋になるか、年明けか考えます」と先を見据えた。(牟禮 聡志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請