馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

まだまだ控える(栗東)

 こんにちは、山本です。本日もお留守番をしている大阪梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、約1年前のこと。あるホームパーティーでたっぷりと飲んだ後、帰りの電車でポーチを忘れたことがありました。その中には財布、家の鍵などすべて入っていて、我が家に入ることすらできない緊急事態。手元には携帯しかありません。外は熱帯夜。とりあえず、誰かに泊めてもらおうと思ったんですが、友人たちも大量に飲んだためか、誰も電話に出ないんです。その中で唯一、出たのが後輩のMクン。「うちでよければ…」とのことで、自宅までのタクシー代まで出してくれた。ホントに命拾いしました。彼は少し年下の医者で独身貴族なんですが、家もすっきりときれいに片付いていて、心地よい睡眠を取らせてもらった後、翌朝にはポーチも出てきて、猛反省しつつもホッとした記憶が残っています。

 実は、そのMクンとはその日以来、1年以上も合っていないんです。それまでは2、3か月に一度は店でバッタリ会っていたんですけどねぇ。もちろん、このコロナ禍でBARにも頻繁に行けませんし、そもそも、医者である彼がそういう場所で飲む機会もないはず。しかし、昨夜のこと。そのBARのマスターから、Mクンが11月に結婚という話を聞きまして、ですね。まぁ、ワタクシと同様に独身イジリをされていた立場なんですが、これで晴れて卒業となったワケです。ホントにおめでとう。今度会うときは、あの時のタクシー代、たっぷりと利子をつけて返さなアカンな、これは。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 小倉5Rの新馬。友道厩舎の【シャドウエリス(牝、父ハーツクライ、母パールシャドウ)】がこのレースに投票してきました。今週の新潟でも馬房が確保できず、出馬投票できない=除外の権利も取れずに出走の保証もない、という状態で小倉への出走へ踏み切ったようです。調教は十分に積んできているんですが、距離への対応がカギでしょう。能力でカバーできるか、ですね。

 ここの中心は音無厩舎の【ヴェックマン(牡、父ミッキーアイル、母マルティンスターク)】ですね。阪神でのデビュー予定が仕切り直しとなりましたが、「攻め馬をしっかり積めて、時計も出ていますからね。素質もあるし、初戦からやれるのではと思っています」と生野助手は仕上がりに自信。まずは、スピードが生きる距離で初勝利を狙います。

 新潟は11Rで新潟2歳Sが行われますね。関西からの出走馬は人気を集めそうですが、特に注目しているのは【フラーズダルム(牝、父キズナ)】ですね。週中の「見た」でも書いたんですが、初戦は当週の攻め馬が地味に見えて、無印にしてしまったんですよ。けど、あの圧勝でしょ。この中間、担当の平田助手は確かな変化を感じているようです。「前走時と違い、今回はカイバをしっかり食べています。体は10キロぐらい増えての出走となりそう。予定通りのメニューをこなせていますからね」とその笑顔から手応えが感じられます。最終追い切りも前走時と時計はそんなに変わらないんですが、バタバタ感は明らかになかったですし、いい走りだったんじゃないでしょうか。今回は無印ではありませんし(当たり前ですが…)、連勝も十分という見立てです。

 ここからはPOG情報。週中に書いた矢作調教師への取材、PART2です。まずは中京1週目と中2週目にある芝マイル、いずれも牝馬限定を視野に入れているのが【ポールネイロン(牝、父オルフェーヴル、母イングランドローズ)】と【シュンイ(牝、父ロードカナロア、母メジロルルド)】の2頭です。中でもポールネイロンは入厩後、評価の上がっている一頭。矢作調教師が「動くわ」と言えば、安藤助手も「時計は出ているけど馬なりで、いつでも弾けそうな感じです」と話していました。あと、ダービー馬ロジャーバローズの下になる【ブラックジュエリー(牝、父ディープインパクト、母リトルブック)】はゲート試験合格後、放牧に出されました。速い追い切りはまだですけど、走るフォームや馬体から厩舎の評価、結構高そうですよ。

 で、矢作センセイへの2歳馬取材で何がありがたいかと言えば、近い入厩予定馬を教えてくれることなんです。今回、自ら教えてくれたのが5頭。【ゲンパチミーティア(牡、父ロードカナロア、母ロージーローズ)】に仏オークス馬を祖母に持つ【ダノンハイファイブ(牡、父ハーツクライ、母ブライスキャニオン)】、【モズハッピーロード(牡、父Medaglia dOro、母Overheard)】、【ルナブランカ(牝、父クロフネ、母スズカエルマンボ)】、【リーゼントジャンボ(牡、父ゴールドシップ、母レディインディ)】の5頭です。最初の3頭への期待値は特に高い様子。また、栗東に入ったら、もちろん取材させていただきます!

 では、ネット限定「厳選馬」なんですが、小倉5Rの4ヴェックマン。ここは適性&スピードで圧倒します。続いては「馬券王への道 延長戦をどうぞ」。

小倉2R・9ヒルノパルマ(前走は結構な位置から伸びていた。今週の小倉は差し馬場)

小倉10R・7サンティーニ(先行できなかった前走は参考外。ここは同型も少なく、主張できる)

札幌6R・5メイショウオイワキ(ここも先行利を見込んでの一票。立て直した効果にも期待)

札幌12R・4プレイヤーサムソン(スムーズに、もっといい位置を取れれば、上位争いに食い込める脚はある)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請