馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

越後路から(美浦)

 こんにちは、坂本です。この夏、最初で最後の新潟出張にきております。

 今朝はご存じの通り、スポーツ紙でさえも一斉に安倍首相の辞任を報じていますね。後継候補をめぐって“ポスト安倍”の名前とともに、競馬予想さながらの◎やら△やらの印付きで解説しており、競馬記者としても首を突っ込みたくなります。まあそれはそれとして、余計なことはせずに、本職の競馬の予想に打ち込まなければいけませんね。

 私のざれごとはさておいて、今週の新馬戦の話題にいきましょう。8月29日の新潟5R(芝1600M)は、高木厩舎の【モメントグスタール(牡、父ハービンジャー、母ハーモニーフェア)】が直線抜け出しで勝利。センスのいい走りっぷりでしたし、菅原明騎手は「ゲートは速いと聞いていて、気持ちが前向きで新馬戦向きと思っていた。競馬にいっての折り合いは良くて、直線はいい反応で、しっかりとした脚を使ってくれた。まだ良くなるところがあるので、成長していってくれれば」と、期待通りの走りだったようです。気持ちが乗っているぶん、ハービンジャー産駒ですが、距離はマイルくらいという感じでした。このレースの3着は国枝厩舎の良血馬【ウエスタンエポナ(牝、父フランケル)】でした。大外枠から直線でも大外に進路を取りましたが、4角10番手から伸び脚を見せました。「攻め馬からいい感じで、真面目だった。レースも上手に走っていた。1回使って、変わり身がありそうです」と戸崎騎手。敗れはしましたが、今後につながる内容だったと言えます。

 続いて新潟6Rの新馬戦(牝馬限定、芝1600M)は、林厩舎の【アナザーリリック(牝、父リオンディーズ)】が勝利。こちらは1週前追い切りの動きが良く、津村騎手も好感触だったので、期待通りの新馬勝ちでした。「思ったより反応が遅かったが、そのへんは変わってくると思う。いい馬ですね」と津村騎手。さらに良くなる余地があり、こちらも楽しみです。

 そして明日8月30日の新潟新馬戦(芝2000M)も、好メンバーがそろいましたね。関西馬のセブンサミットなど良血馬がいるなかで、注目株は中舘厩舎の【ヒシシュシュ(牝、父ディープインパクト、母ヒシラストレディ)】です。祖母ヒシアマゾンと言えば、いかに中舘調教師に縁の深い血統か分かると言うもの。「小柄な馬なので、2週前にしっかりとやって、先週、今週はそんなにやらないで仕上がった。持っているものは、すごくいい。思い入れのある血統ですし、軽い走りで調教の動きは本当にいい。ストライドが大きいので、小さくみせない。楽しみです」と、トレーナーの言葉も熱を帯びていました。400キロぐらいと小柄ですが、初戦の走りっぷりに注目したいと思います。

 続いてはPOG情報へ。先週8月23日の札幌新馬戦(芝2000M)を勝った【エフフォーリア(牡、父エピファネイア、母ケイティーズハート)】は、今後は福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出されて、秋に備えるようです。デビュー前の調教の動きも良く、強い勝ちっぷりで期待が膨らみます。新馬の【オビワンエンペラー(牡、父トゥザグローリー、母オリエンタルサンシャイン)】は、9月5日の札幌新馬戦(芝1500M)でデビュー予定。【スマートルグラン(牝、父ローエングリン、母スマートアイリス)】は、来週9月5日の新潟新馬戦(芝1400M)を予定していて、鹿戸師は「スピードがありそう」と評価していました。また新潟で新馬勝ちして、現在は放牧に出ている【ランドオブリバティ(牡、父ディープインパクト、母ドバウィハイツ)】は、芙蓉S(10月3日、新潟)に向かうそうです。血統面から注目していた1頭ですが、「まだシュッと切れる脚がないから、中山の方がいいかな」と評価していました。

 今週と来週で夏のローカルは終わりですが、まだ越後路は暑い、そして熱いです。それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請