内海桂子師匠のキレキレのボケにうならされた最初で最後のインタビュー

2012年の本紙のインタビューで珍しい洋服姿を披露した内海桂子師匠
2012年の本紙のインタビューで珍しい洋服姿を披露した内海桂子師匠

 内海桂子師匠と銀座の喫茶店で待ち合わせたのは2012年のことだった。著書「師匠!」出版時のインタビュー。取材は自宅のある浅草ですることが多い、とのことだったが「たまには銀座で」と希望されたため、初対面ながら慎重に店を調べ、当時90歳の現役最年長芸人を待った。結った髪と着物のイメージしかなかったが、かわいい洋服姿で現れ「まあまあ、お待たせしましたね」と丁重に頭を下げ、微笑した。

 私の名刺を見るなり「しんた、って読むんですか? あらたって読むんですか?」と聞いてくれた。取材になれば、まるで以前からの知り合いのような空気で「北野さんって今までどんな仕事をして来られたのですか?」と尋ねられた。熱心な巨人ファンと知っていたので、前はジャイアンツ担当でしたと伝えると「まあまあ…それじゃ阿部に由伸、小笠原にファミレスね…」。キレキレのボケにうなった。

 80歳で乳がんを経験しても高座に上がっていた。「家でゴロンとしていてもいいトシだけどね、私はやっぱりイヤなのね。目をつぶる時が芸人を終える時だけど、たぶんなかなかつぶらないよ、あたしゃ」。あれから8年。最後まで現役を貫き、瞳を閉じた。(北野 新太)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請