【巨人】2番手・鍵谷陽平が2失点で逆転許す

7回に勝ち越しを許して降板し、ベンチでぼう然とする鍵谷
7回に勝ち越しを許して降板し、ベンチでぼう然とする鍵谷

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―中日(28日・東京ドーム)

 巨人は3―3で迎えた7回、鍵谷陽平(29)が2番手で登板。2四球を与え1死一、二塁のピンチを招くと6番・阿部に右中間二塁打を浴び、2点を勝ち越された。

 さらに2死一、三塁とピンチが続き、代打・井領に右翼線いっぱいの特大ファウルを飛ばされたところで、マウンドを降りた。

 代わってマウンドに上がった大江竜聖(21)が井領を空振り三振に打ちとり、ピンチを切り抜ける。7回表終了時点で3―5。リードを許す展開となっている。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請