念願の憲法改正は「国民的な世論が十分に盛り上がらなかったのは事実」…安倍晋三首相辞任会見

安倍晋三首相(ロイター)
安倍晋三首相(ロイター)

 体調不安説が浮上していた安倍晋三首相(65)が28日、首相官邸で会見。辞任を表明した。来年9月までの自民党総裁としての任期を1年以上残しての退陣となった。

 安倍首相は実現できなかった憲法改正について聞かれると、「まずは党において4項目に絞り込んだ改正案のイメージはできたと思っています。ただ、国民的な世論が十分に盛り上がらなかったのは事実であり、それ無しには進めることができないんだろうと改めて痛感しているところです」とした。

 その上で「国会議員の中で十分に議論しなければ、国民の中で十分に広がらないわけで、国会議員として、その責を果たすよう一議員としてですが、(今後も)頑張っていきたいと思います」と続けた。

 首相には今月17、24日と2週連続で東京・信濃町の慶応大病院を訪問したことで、健康不安説が広がっていた。24日の検査後、「体調管理に万全を期して、これからまた仕事を頑張りたい」と政権運営への意欲を見せていたが、急転、辞任となった。

 第2次政権発足後の安倍首相の連続在任期間は今月24日で2799日となり、佐藤栄作氏を抜いて歴代最長となっていた。2006年からの第1次政権では持病である指定難病・潰瘍性大腸炎が悪化し、約1年で辞任。12年に再び自民党総裁選に出馬した際には自身の健康問題について「2年前に画期的な新薬が登場したことによって、すっかり難病を克服することができた。今は心身ともに健康だ」とし、その後は長期政権を築いていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請