錦織圭、コロナ陰性確認も全米欠場「ガッカリ」 「クレーからスタート」9・27開幕全仏へ準備

スポーツ報知
錦織圭

 男子テニスの錦織圭(30)=日清食品=は26日、自身の公式アプリで全米オープン(OP、31日開幕・米ニューヨーク)の欠場を発表した。16日に新型コロナウイルスに感染が判明し、この日までに受けた3度目の検査で陰性が確認された。しかし「長期休養の後、十分に準備できるまでは5セットマッチの大会で復帰するのは賢明な判断ではない」と決断。14年準優勝の舞台に立つことを断念し「愛しているし、いい思い出がある。ガッカリ」と無念さをにじませた。

 今後は欧州で全仏OP(9月27日開幕・パリ)に向けたクレーコートでの戦いにシフトする。米フロリダ州の自宅での隔離を終え「明日からゆっくり練習を始めていく。クレーからスタートする」と明言。関係者によれば、感染確認前の発熱やけん怠感以外は味覚障害などの症状もなし。来週中にも渡欧し、全米第2週と並行開催のジェネラリOP(同8日開幕・オーストリア)で復帰できる見通しだという。

 全仏前週のハンブルク欧州OP(同21日開幕・ドイツ)にもエントリーし、3週連続で試合機会を確保。回復が遅れても対応できる状況を整えた。右肘の故障で昨年9月から戦線離脱。コロナ禍でツアー中断、自身の感染で試合から1年以上遠ざかることになった。望んでいたプランから外れはしたが、赤土の上で躍動する姿を見せる日はそう遠くないはずだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請