【広島】K・ジョンソン 遠い今季初白星 佐々岡監督「本人も変えようとやっている」

2回、同点の適時打を打たれて渋い表情のK・ジョンソン
2回、同点の適時打を打たれて渋い表情のK・ジョンソン

◆JERAセ・リーグ DeNA3―2広島(27日・横浜)

 広島はK・ジョンソンの今季初勝利が遠く、DeNAに3カード連続負け越しを喫した。今季9試合目で初白星を目指した16年の沢村賞左腕は、6回3失点と最低限の仕事。しかし、4回に逆転二塁打を浴びた相手は投手の井納で、初球の直球が真ん中に入ってしまった。佐々岡監督は「あそこだけだったね。不意(不用意)にいったのかな…」と失投に残念そう。大瀬良と並ぶ二本柱が、開幕から6連敗の大不振だ。

 それでも、この日のラストイニングは3者凡退。指揮官は「本人も(現状を)変えようとやっている。球の力もあった」と復調を感じ取っているようで「当然ね。本当に、ひとつ勝てば変わる」と次回登板での快投に期待を寄せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請