【阪神】勝率5割復帰の矢野燿大監督が小幡竜平のプロ初安打に感激「大分のお父さん、お母さんも…」一問一答

5回、プロ初安打を中前に運ぶ阪神・小幡
5回、プロ初安打を中前に運ぶ阪神・小幡

◆JERAセ・リーグ 阪神6―3中日(27日・甲子園)

 阪神が今季2度目の同一カード3連勝を飾り、勝率5割に復帰した。サンズが4回に逆転の10号3ランを放つと、6回にも11号ソロ。高卒2年目の小幡竜平内野手(19)もプロ初ヒットを含むマルチ安打をマークした。先発の青柳は7回4安打2失点でチームトップの6勝目。矢野燿大監督(51)は小幡の両親や恩師に思いをはせ、感激の言葉を口にした。

 ―同一カード3連勝

 「先制され、向こう(中日・柳)も立ち上がりが良かった中で逆転勝ちできたのは意味ありますし。3連勝できたのは価値があると思います」

 ―4回の攻撃は鮮やかだった

 「なかなかいいコースに投げられて、球も切れていましたし。チャンスが多くないというところで、ジェリー(サンズ)が素晴らしいひと振りで流れをこっちに持ってきてくれた。素晴らしい打撃だった」

 ―サンズは2打席連発

 「チャンスが多くない中でしっかり仕留めてくれたことに価値がある。勝負強い打者なんで、心強いです」

 ―小幡がプロ初ヒット

 「うれしいですね。プロに入って初ヒットが見られてうれしいですね。大分のお父さん、お母さんも、高校野球の監督やいろんな方が喜んでくれるヒットになったと思いますし、もう一本出ましたしね。プロとしての第一歩を一緒に戦えたのはうれしいです」

 ―今後の期待は

 「体も強くしていかないと駄目ですし、やることはるんですけど。今は目の前の打球やワンスイングに精いっぱいやれているので。それを続けていってくれたらと思います」

 ―青柳投手は6勝目

 「立ち上がりに2点取られましたけど、あそこで粘れたのは今年、価値につながっているところだと思いますし、成長の部分。取られた後にあれだけ粘れたのは頼もしく思っています」

 ―勝率5割に復帰した

 「打線も少しずつ上がってきていますし、(広島で)またいいピッチャーに当たりますけど、全員で攻略して連勝を続けていきたいと思います」

5回、プロ初安打を中前に運ぶ阪神・小幡
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請