近大・佐藤輝明、左足首けがから復帰 広島スカウト「1位候補」今秋ドラフト注目株

実戦復帰して豪快なスイングを見せた近大・佐藤(捕手は大体大・小松)
実戦復帰して豪快なスイングを見せた近大・佐藤(捕手は大体大・小松)

◆オープン戦 近大6ー1大体大(奈良・近大グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の近大・佐藤輝明内野手(4年)が、大体大とのオープン戦に出場し、2打数無安打2四球だった。

 20日の練習中に左足首を痛めていたが「3番・三塁」で復帰。「打ち損じが多かった」と反省した。フル出場した佐藤は「足は大丈夫」と7回に二盗を決めてアピール。守っては8回、三塁線上に転がったセーフティーバントを素早く捕球し丁寧な送球でアウトに。相手チームからは「肩強すぎ。やば!」の声が漏れた。

 身体能力が高く同大学OBにあやかって“糸井2世”と呼ばれるスラッガー。広島・鞘師(さやし)スカウトは「走攻守がそろっている1位候補の選手。(プロでも)レギュラーになっていく」と高評価で見守った。

 それでも「全打席ホームランじゃないと納得はしない」と自分に厳しく、高い目標を立てる佐藤。最近はYouTubeでプロ野球の「本日のホームラン集」を見て意識を高めているという。「ここに載るような選手になりたい」とプロへの憧れと目標を口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請