「所JAPAN」が謝罪「一部誤解を招く部分があった」…説明を全カットされた千田嘉博氏が「史実を曲げて伝えきわめて不適切な説明」と指摘

フジテレビ
フジテレビ

 フジテレビ系バラエティー番組「所JAPAN」の公式ツイッターが26日に更新され、24日放送回について「史実の省略により一部誤解を招く部分があった」として、改めて再編集し見逃し配信をTVer他で再アップしたと報告した。

 同番組の24日の放送では、豊臣秀吉の側室である淀殿について特集。しかし、大坂城の極楽橋の移築についての部分について、出演した城郭考古学者の千田嘉博氏が放送中にツイッターを更新し「現地でもスタジオでも説明させていただいた大坂城から京都の豊国神社に極楽橋を一旦移築し、その後、竹生島の宝厳寺に再移築したという説明が全カットに。誠に遺憾です」と投稿。続けて「『所JAPAN』のOA情報では、史実を曲げて伝えたことになり、きわめて不適切な説明になってしまいました。専門家として出演した者として、心からお詫びいたします。なぜこれほど重要な情報をすべてカットしたのか、番組の信頼に関わる問題で深刻にとらえています」と謝罪し、番組に疑問を呈していた。

 この千田氏の指摘を受け、番組公式ツイッターでは25日に補足の説明文を投稿し「今後も『所JAPAN』では千田先生と共に知られざる歴史の新事実発見と調査を続け、視聴者の皆様に楽しんでもらえる番組作りを目指していきます」と説明。

 この日のツイッターに「8/24(月)放送回の見逃し配信をTVer他で再アップしました。放送時は、史実の省略により一部誤解を招く部分がございましたが、改めて再編集し、千田先生の解説を追加した完全版としてお楽しみ頂ければと思います」と改めて説明していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請