エンゼルス・大谷翔平が自身初のWヘッダー連続出場 2戦目も「4番・DH」でスタメン…1戦目は2打数無安打

大谷翔平投手(ロイター)
大谷翔平投手(ロイター)

◆メジャーリーグ アストロズ―エンゼルス(25日、ヒューストン・ミニッツメイドパーク)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が25日(日本時間26日)、ダブルヘッダー2戦目となる敵地・アストロズ戦のスタメンに「4番・指名打者」で名を連ねた。

 この日は、現地のハリケーンなどによる悪天候が予想されるため、日程が前日に急きょ変更されて7イニング制のダブルヘッダー。1戦目の同カードは、「5番・指名打者」でフル出場したが、空振り三振、四球、一ゴロの2打数無安打に終わり、打率も1割6分9厘になった。チームも初回に5失点して3―6で敗れ、3連敗。9勝22敗で借金は13となっていた。

 大谷がダブルヘッダーに2試合連続で出場するのは、メジャー移籍後初めて。2戦目のアストロズ先発は新人右腕のブランドン・ビーラク投手(24)。今季メジャーデビューし、ここまで6試合に登板して3勝1敗、防御率4・37の成績を残している。大谷とは初対戦だ。

 日程変更のため、この試合が終わると26、27日(同27、28日)は試合なし。2日連続で試合を行わずに28日(同29日)から本拠地でマリナーズ4連戦を行う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請