エンゼルス・大谷翔平がWヘッダー初戦に「5番・DH」でスタメン…1日2試合出場なら自身初

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

◆メジャーリーグ アストロズ―エンゼルス(25日、ヒューストン・ミニッツメイドパーク)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が24日(日本時間25日午前5時5分開始予定)、ダブルヘッダー初戦となる敵地・アストロズ戦のスタメンに「5番・指名打者」で名を連ねた。この日は現地のハリケーンなどによる悪天候が予想されるため、日程が変更されて7イニング制のダブルヘッダー。1日に2試合出場すれば、大谷にとってメジャー移籍後初となる。

 23日(同24日)には、敵地・アスレチックス戦で約2週間ぶりの一発となる、飛距離約134メートルの特大5号3ランを放った大谷。マルチ安打もマークし、自己ワーストだった連続打席無安打も「21」で止めた。一気に完全復活といきたいところだったが、2年ぶりに「2番」で起用された前日の24日(同25日)は2三振を喫するなど4打数無安打に終わり、打率も1割7分2厘になり、打順も5番に戻った。

 アストロズ先発は、クリスチャン・ハビエル投手。今季はここまで6試合に登板して2勝1敗、防御率3・55の成績を残している右腕だ。大谷は初対戦となる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請