「キンプリ」永瀬廉が「舌がけいれん」…主演映画「弱虫ペダル」舞台あいさつで初めてのセンブリ茶

罰ゲームでセンブリ茶を飲み、もん絶する永瀬廉(カメラ・森田 俊弥)
罰ゲームでセンブリ茶を飲み、もん絶する永瀬廉(カメラ・森田 俊弥)
浴衣姿で登壇し、手を振る(左から)坂東龍汰、永瀬、伊藤健太郎
浴衣姿で登壇し、手を振る(左から)坂東龍汰、永瀬、伊藤健太郎

 King&Princeの永瀬廉(21)が25日、都内で主演映画「弱虫ペダル」(三木康一郎監督)の公開御礼舞台あいさつを行い、共演の伊藤健太郎(23)、坂東龍汰(23)と浴衣姿で川柳を披露した。

 この日は川柳学会が制定した「川柳発祥の日」で、3人はそれぞれ劇中のテーマでもある「青春」にちなんだ一句をしたためた。永瀬は「プール後の 塩素の匂いと 夏の風」と詠んだ。だが、1人だけ映画と無関係な一句に会場の反応は微妙。「俺の青春は五・七・五で収まらねぇ」と自身で読み取った空気そのまま、客席の拍手による判定は最下位。罰ゲームのセンブリ茶に「初めて飲んだけど、舌がけいれんしている」と、もん絶していた。

罰ゲームでセンブリ茶を飲み、もん絶する永瀬廉(カメラ・森田 俊弥)
浴衣姿で登壇し、手を振る(左から)坂東龍汰、永瀬、伊藤健太郎
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請