【広島】今季5度目のサヨナラ負けで最下位脱出に失敗 佐々岡監督は先発・九里に「慎重さがね…」

最下位脱出に失敗した広島・佐々岡監督
最下位脱出に失敗した広島・佐々岡監督

 ◆JERAセ・リーグ DeNA5×―4広島(25日)

 広島は今季5度目のサヨナラ負けを喫し、最下位脱出に失敗した。

 前カードで首位・巨人に3連勝した勢いのままに一時3点差を追いついたが、5番手の塹江が踏ん張れなかった。イニングまたぎとなった同点の9回、この日4安打の梶谷を歩かせ、勝負を選択した大和に2死一、二塁からサヨナラ打を左中間へ運ばれた。DeNAには今季3度目のサヨナラ負けとなった。

 佐々岡監督は「2イニング行かせたのはこっちの責任。(塹江は)責められない」と強調。「しっかり追いついてくれた。もう一押しだったけど、こういう試合をしてくれれば」と打線の頑張りも評価した。残念がったのは4回3失点で降板した先発・九里。2回に宮崎の先制2ランから3失点し「1ストライクから甘いスライダー。あのボールを見ると集中力、慎重さがね…。週の頭だし、しっかり長いイニングを投げてもらいたい」と厳しく注文をつけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請