田中希実、第2の父に捧げた日本新…陸上女子1500メートル 快挙から一夜明け

セイコーGGPでの日本新記録から一夜明け、笑顔を見せる田中希実
セイコーGGPでの日本新記録から一夜明け、笑顔を見せる田中希実

 23日のセイコー・ゴールデングランプリ陸上女子1500メートルで4分5秒27の日本新記録をマークして優勝した田中希実(20)=豊田自動織機TC=が24日、取材に応じた。興奮が冷め切らない表情の田中は「疲れはそこまで感じていないです。あまり寝られませんでしたけど」と苦笑いした。

 7月末には指導する父・健智さんの仕事仲間だったスポーツ店経営の三浦誠司さんが亡くなった。差し入れが届き、お礼の電話をしようとした矢先に入った訃報。「日本新を天国に届けたかった」と“第二の父”への思いも胸に秘めて、新国立を駆け抜けた。

 休む間もなく、25日から岐阜・御嶽山での合宿がスタート。本職の5000メートルでも14分53秒22の日本記録が視野に入るが「まずは15分を切ること」と日本歴代2位の自己記録である15分0秒01の更新を狙う。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請