【川崎】5戦連発中の三笘薫が負傷退場、連勝10でストップ…鬼木監督「途切れた後が大事」

スポーツ報知
後半、負傷した川崎・三笘薫(カメラ・石田 順平)

◆明治安田生命J1リーグ第12節 名古屋1―0川崎(23日・豊田スタジアム)

 ついに連勝が10でストップした。前半5分の2度の好機を相手DFに阻まれると、以降も何度もゴール前に迫りながらも無得点。後半28分には公式戦5戦連続得点中だったルーキーのMF三笘が左足首をひねって負傷退場した。

 ルヴァン杯含め今季15試合目で初黒星を喫した。鬼木達監督(46)は「連勝が途切れた後が大事。連戦で大変だけど、新たなパワーを出していけたら」と中2日で迎える26日の神戸戦を見据えた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×