【青戸慎司の目】桐生祥秀、レース運びまだ成長中

男子100メートル決勝で力走する桐生(中央)ら選手たち。新しくなった国立競技場で初めて陸上競技大会が開催された(カメラ・竜田 卓)
男子100メートル決勝で力走する桐生(中央)ら選手たち。新しくなった国立競技場で初めて陸上競技大会が開催された(カメラ・竜田 卓)

◆陸上 ▽セイコー・ゴールデングランプリ(23日、東京・国立競技場)

 東京五輪会場・国立競技場での初の陸上大会として行われ、男子100メートルで前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命=が10秒14(向かい風0・2メートル)で優勝した。予選は10秒09(追い風0・7メートル)で3組1着となり、予選&決勝ともに同走のケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=に0秒02差で競り勝つ好走。来夏の五輪本大会へ弾みをつけた。

 桐生君が、一番落ち着いているように感じた。自信を持って自分のレースを心がけた結果だった。決勝でタイムを上げれば理想的だが、勝ち切れたのは良い。9秒98の自己ベストは持っていても、レース運びの面ではまだ成長段階。東京五輪や22年世陸へ、どんどん伸びていく過程にある。

 ケンブリッジ君は、体のバランスが良くなった印象だ。力ずくではなく、スムーズな走りが表現できていた。もう少し筋力がつけば、さらに期待できる。今回、結果が出なかった小池君や多田君、山県君も、今大会で課題が見えたことが収穫。五輪会場を経験できたことを励みに、来年へ調子を上げていってほしい。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大監督)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請