高橋尚子さん「24時間テレビ」募金ラン、236キロ470万円募金に成功…「チームQ」6人でフィニッシュ

「募金ラン」に挑戦した高橋尚子さん(C)日本テレビ
「募金ラン」に挑戦した高橋尚子さん(C)日本テレビ

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(22、23日)の新企画「募金ラン」は23日、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(48)が番組終盤の午後8時50分に無事、フィニッシュした。「チームQ」5人とともに計236キロ走破し、470万円の募金に成功した。

 「募金ラン」は高橋さんによる企画で、1周5キロの私有地を周回するごとにランナー自身が10万円を募金するというもの。高橋さんと並行して、5人でリレー形式で走る「チームQ」は、女優の土屋太鳳(25)、レスリング五輪3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)、バドミントンのバルセロナ五輪代表でキャスターの陣内貴美子さん(56)、ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダルの松本薫さん(32)、アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさん(42)が何度も入れ替わってタスキをつないだ。

 「チームQ」の5人は前夜の第1走者も務めた土屋太鳳がアンカーとして午後7時過ぎにゴール。5人で目標の計120キロを走破し、240万円の募金に成功した。一方の高橋さんは、この時点で目標の単独100キロをすでに達成していたが、「より多くの募金をしたい」と再び走り始め、番組終盤まで走り切った。最後はチームQの5人も加わって6人で走り切った。

 高橋さんは「みんな仲間の人たちの頑張りが私に元気をくれました。いいチームでした。チームQ、最高!」と喜びを爆発させて番組は終了した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請