ドーハ世陸代表のウォルシュ・ジュリアンにアクシデント 残り約100メートルを歩いてゴール…セイコーGGP

トラックで立ち止まったウォルシュ・ジュリアン
トラックで立ち止まったウォルシュ・ジュリアン

◆陸上 セイコー・ゴールデングランプリ東京(23日、国立競技場)

 男子400メートル決勝で、昨秋のドーハ世界陸上代表のウォルシュ・ジュリアン(富士通)がアクシデントに見舞われた。

 序盤から、本来の加速力を発揮できず。その後は先頭争いに加わったが、残り約100メートル付近で急失速。最後まで歩いてたどり着き、1分37秒60でゴールした。

 ドーハ世陸で準決勝進出を果たしたウォルシュは、本職外の北麓スプリント100メートルで10秒34をマークし、桐生祥秀(日本生命)に次ぐ2位に入るなど順調にシーズンを滑り出していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請