【巨人】2戦連続で先発が大量失点…23日初先発の直江大輔に原監督「先輩お兄ちゃん2人がだらしなかった分、思い切っていけばいい」

3回1死満塁、畠が鈴木誠に押し出し四球を与え、ベンチを出る原監督(手前は生還する三塁走者・大瀬良=カメラ・中島 傑)
3回1死満塁、畠が鈴木誠に押し出し四球を与え、ベンチを出る原監督(手前は生還する三塁走者・大瀬良=カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 広島10―4巨人(22日・マツダスタジアム)

 巨人が自滅で広島に連敗した。同点の3回に先発・畠が3四球で満塁のピンチを招くと、押し出し四球で決勝点を献上。21日の初回5失点に続く1イニング6失点の投壊に、原監督は「先発投手の責任は重い」と苦言を呈した。23日にプロ初登板初先発する2年目の直江が流れを変えられるか。

 マスク越しにも“いかんともしがたい”と言いたげな表情はハッキリと分かった。試合後の原監督は、きっぱりと敗因を指摘した。「先発の差がはっきり出たということでしょ。やっぱり先発投手がゲームを支配しないとね。(こうなると)なかなか作戦の使いようもないしね」。今季2度目の2ケタ失点となる投壊を招いた先発・畠の“失態”を残念がった。連敗で貯金は11となり、2カードぶりの負け越しが決定した。

 1―1の3回、先頭打者だった投手の大瀬良に四球を与えると、長野も歩かせて無死一、二塁。菊池涼の犠打の後、西川、鈴木誠も連続四球とし、無安打で勝ち越し点を献上した。

 指揮官がよく言う、ストライクを取ることに苦労している状態では「どういう言葉でフォローしていいかよく分からないね」。ここで畠を諦めた。継いだ田中豊に、この流れを止めろというのは酷というもの。不運な3連打も重なってこの回、打者12人3安打6四球で一挙6失点。今季ワーストの10四死球と大荒れの試合になった。

  • 巨人の30勝内訳

    巨人の30勝内訳

 田口に次いで畠も先発の役割を果たせなかった。チームの現状の課題である菅野、戸郷に続く3人目以降のスターターにメドは立たない。指揮官が先発陣に求めるもの。それは、誇りと自覚に他ならない。

 「先発投手の責任はやっぱり重いもの。選ばれたメンバー、5人、あるいは6人のうちの1人だから。その重さを感じながらやってほしい。それがやっぱり野球だからね」

  • 巨人3回の6失点

    巨人3回の6失点

 野球は投手が球を投げて始まる競技であり、言わば打者は“受け身”であるもの。攻めの主導権は投手側にあるはずなのに、攻めの姿勢が見られない四球には厳しく指摘する。先発投手は「チームの代表」として週に一度マウンドに上がるのだから、その意味をもっとかみ締めて戦うことを求めた。

 23日には2年目で、プロ初登板となる直江に3タテ阻止を託すことになった。「先輩お兄ちゃん2人がだらしなかった分、思い切っていけばいい。『あの2人よりもいい投球しよう』というぐらいの気持ちでいいよ。そんなに難しいことじゃないよ」。原監督は直江にエールを送りつつ、田口、畠にゲキを飛ばして奮起を促した。この言葉の真意を2人がどのように理解するか。この先のシーズンを左右するはずだ。(西村 茂展)

試合詳細
3回1死満塁、畠が鈴木誠に押し出し四球を与え、ベンチを出る原監督(手前は生還する三塁走者・大瀬良=カメラ・中島 傑)
巨人の30勝内訳
巨人3回の6失点
すべての写真を見る 3枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請