【巨人】3回途中5四死球5失点で降板の畠世周に原監督「どういう言葉でフォローしていいかよく分からんね。先発の差がはっきり出た」

降板し、ベンチで呆然とする畠世周
降板し、ベンチで呆然とする畠世周

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 広島10―4巨人(22日・マツダスタジアム)

 巨人の畠世周投手(26)が先発するも、3回途中5四死球5失点と崩れ、3敗目を喫した。

 同点の3回に犠打を挟んで4者連続四球。押し出しで勝ち越しを許したところで交代を告げた原監督は「何とか4回は持ってもらいたいと思ったんだけどね。先発の差がはっきり出たということ。やっぱり先発ピッチャーがゲームを支配しないとね」と苦言を呈した。

 制球について問われると「どういう言葉でフォローしていいかよく分からんね」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請